Information

2024年02月22日

「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」の開発を担当しました。

株式会社テンダゲームス(本社/東京都豊島区、代表取締役/中村 繁貴、以下「テンダゲームス」)は、2024年2月22日に株式会社ディースリー・パブリッシャー(本社/東京都千代田区、代表取締役社長/今西 智明)から発売されたNintendo Switch™ 用ソフト「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」において、ディレクション・シナリオ・グラフィック・プログラムを担当しました。ぜひお買い求めください。

テンダゲームスは、本作のようにシナリオやストーリーを体験に組み込んだゲーム開発に実績があり、アニメなどの原作の雰囲気をいかしたグラフィック表現や、ディレクションも得意としております。

■「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」とは
シリーズ累計発行部数500万部を超える人気書籍「5分後に意外な結末」が初のゲーム化!
ゲームオリジナルのストーリーを100話収録!
オリジナルとして制作された100の物語を、”usi氏”描き下ろしのイラストと新たに収録したサウンドで楽しもう!
楽しく、怖く、そして時に感動できる作品がたくさん!
読了後は、あなたの感想に近い感情に合わせて本の色を決めることで、モノクロームの図書館が色づいていきます。
ゲームならではの「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」を是非お楽しみください。
ゲーム公式Webサイト:https://www.d3p.co.jp/gofungo/

gofungo_1

gofungo_2 gofungo_3

【「5分後に意外な結末」シリーズとは】
シリーズ累計発行部数は500万部を超え、小中学生から一般層まで幅広い読者に支持される人気シリーズ(Gakken刊)。
作品は、笑い、恐怖、感動など、一編一編が違う趣きがある最強のアンソロジーですが、共通しているのは、「短時間に読めて」「最後に予想のつかないどんでん返し」が待っているというところです。
創刊から2023年12月で10周年を迎え、IP的にもますます盛り上がりを見せる人気コンテンツです。
「5分後に意外な結末」シリーズ紹介サイト:https://gakken-ep.jp/extra/5fungo/

■「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」の開発担当から、本作のイチ押しポイントをご紹介します!
≪シナリオ担当 元木≫
本作にはSFやファンタジー、ラブコメやホラーなど、「意外な結末を迎える」さまざまなジャンルのストーリーが詰め込まれています。登場する主人公たちの性格や年代も十人十色で、幅広い年齢層の皆さまに楽しんでいただけると思います。
・イチオシのお話:「宝箱」

≪プログラム担当 山岸≫
本作はお話の内容がより伝わるよう、ゲーム内のほぼ全ての漢字にフリガナを振っています。
また、お話の文章は縦書きで表示しているので、本を読むようにストーリーを楽しんでほしいです。
・イチオシのお話:「サンタへの願い」

≪グラフィック担当 赤川≫
シンプルな絵のテイストながらも、登場人物の喜怒哀楽や、意外な結末がもたらす心象風景を、より強く感じていただけるような描画を心がけました。楽しんでいただけたら幸いです!
・イチオシのお話︰「王子と人魚の恋」

≪グラフィック担当 関根≫
さまざまなお話を読んで、本の仕分けをしていくなかで、読了後の感情の変化を楽しんでいただけたらと思います!
・イチオシのお話︰「殺人遊戯」

■「5分後に意外な結末 モノクロームの図書館」商品概要
タイトル:5分後に意外な結末 モノクロームの図書館
発売日:好評発売中(2024年2月22日発売)
価  格:5,555円(税込)パッケージ版 / 5,000円(税込)ダウンロード版
対応機種:Nintendo Switch™
ジャンル:サウンドノベル
プレイ人数:1人
CERO:B(12才以上対象)
権利表記:©Gakken ©2023 D3PUBLISHER
公式Webサイト:https://www.d3p.co.jp/gofungo/
gofungo_4

Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
※画面は開発中のものです。
※実際の製品とは異なる場合がございます。